久保建英のビジャレアルへの移籍がカウントダウン段階

久保建英のビジャレアルへの移籍がカウントダウン段階に!エメリは熱心!購入OPはありません

【ヨーロッパ・海外サッカーニュース&移籍情報】今夏、移籍市場で注目を集めている久保建英さんが、ビジャレアル(ラリーガ)で新シーズンを迎えそうです。

レアル・マドリードとビジャレアルは久保建英のタイムリーな移籍について合意に達したようだ。スペイン「アス」が報告した。

マジョルカで好成績を残した今夏、久保の移籍市場へのスクランブル。ビジャレアルは、パリサンジェルマン、アヤックス、セルティックなどの外国勢力と、レアルソシエダ、オサスナ、グラナダ、セルタデビーゴなどの国内勢力の獲得を熱望しながら、先日からポールポジションを獲得したと報じられました。

一方、メディアによれば、両クラブは4日の最終交渉を開始した。久保は1年の期限付き移籍で合意に達し、5日か6日に正式発表される。レアルマドリードは、買取オプションを拒否したとされており、契約には含まれません。

また、ビジャレアルは久保の給与250万ユーロ(約3億1300万円)を全額負担していると見られ、総額約500万ユーロ(約6億2600万円)の契約となります。

「アス」によると、ビジャレアルの新指揮官となったウナイ・エメリは、久保の獲得を切望しています。今回の異動交渉のキーマンになったようだ。プレーヤー自身もクラブに参加したいと考えています。そこではスペインに留まり、技術的なスキルを向上させて年間約40試合をプレーすることができます。さらに、パリのサンジェルマンとアーセナルを指揮したスペインの指揮官が移籍に貢献したと考えられています。

一方、レアルマドリードは、明確なプロジェクトのあるクラブに日本代表MFを送ります。さらに、ヴィニシウスは来年EUのパスポートを取得する予定であり、2021~22シーズンに19歳の日本代表MFに「未来のスター」の1人を追加することを計画しています。

昨年の夏、FC東京からレアルマドリードに入団した久保は、2019-20シーズンの期間限定でマジョルカに移籍した。チームは降格されたが、シーズン半ばから主力で活躍し、36ゴール4ゴール4アシストでラリーガのデビューシーズンを終えた。

-久保建英のビジャレアルへの移籍がカウントダウン段階

© 2020 新しい生活が始まる Powered by AFFINGER5